省エネ、断熱塗装のプロフェッショナル断熱塗料と断熱塗装ならクラカタ商事へ遮断塗料 遮断塗装

省エネ法について

ホーム > 省エネ法について
省エネ法について

省エネ法の目的と法を守るエネルギー管理士、および省エネに貢献する断熱塗料「ガイナ」についてご紹介します。


すでに施行されている省エネ法について

省エネ法は、国内外におけるエネルギーをめぐる経済、社会、環境に応じた燃料資源の確保を目的とする法律です。
工場、建築物および機械器具についてのエネルギー使用の合理化に必要な措置、およびエネルギー使用の合理化を総合的に進めるために必要な措置を定めています。

エネルギー管理士と省エネ法の関係

エネルギー管理士は国家資格です。エネルギー管理士試験に合格するか、エネルギー管理研修を修了して認定を受けることで取得できます。
エネルギー管理士の業務内容は、下記のとおりです。

  • 燃料(電気)などの使用の合理化を目的とした、燃料(電気)などを消費する設備の維持
  • 燃料(電気)などの使用の合理化を目的とした、燃料(電気)などの使用方法の改善、監視
  • 経済産業省令で定める熱管理、電気管理の業務

大口のエネルギー使用工場の場合、エネルギー管理の中核的な役割を担う「エネルギー管理者」をエネルギー管理士から選任しなければなりません。
エネルギー管理者は、エネルギーの使用の合理化のために、燃料(電気)などを消費する設備の維持、燃料(電気)などの使用の方法の改善・監視などの業務を管理します。

省エネ法対策に貢献する断熱塗料「ガイナ」

省エネをお考えなら、クラカタ商事の断熱塗料「ガイナ」がおすすめです。ガイナは夏季日中の冷房において、70%の省エネ効果を示します。

■ガイナの冷房効果試験

ガイナの冷房効率を試験するため、無塗布の物置とガイナ塗布の物置を用意。それぞれに同じエアコンを設置して、室温を26℃に設定しました。
それぞれの稼働率を比較した結果、ガイナ無塗布物置の稼働率を100%とした場合、ガイナ塗布物置は9〜18時の時間帯では稼働率50%、11〜14時の時間帯では稼働率30%となりました。
これは、ガイナ塗布によるエアコン稼働率の低減を立証しています。ガイナはまさに電気料金削減に寄与するのです。

なお、ガイナは冬季の灯油使用量削減にも役立ち、暖房時の省エネ効果も実証されています。