省エネ、断熱塗装のプロフェッショナル断熱塗料と断熱塗装ならクラカタ商事へ遮断塗料 遮断塗装

環境ニュース

ホーム > 環境ニュース
環境ニュース

クラカタ商事の環境に関する考え方や最新ニュースなどについて、随時コメントをご紹介します。


断熱塗料で「マイナス6%」の効果

いま、地球は増え続ける温室効果ガスの排出などの影響で、温暖化が深刻化しています。そのため建材業界では、さまざまな断熱材・断熱シートの需要が高まっています。
なかでも注目されているのが、断熱塗料「ガイナ」。その高い断熱・遮熱効果は、冷暖房効率のアップにつながり、最終的にはエアコン使用量を抑え、温室効果ガスを削減することができます。

皆様は『チーム・マイナス6%』という活動をご存知でしょうか。
2005年に発効された京都議定書により、日本は温室効果ガスを6%削減することが義務づけられました。これにより、過剰包装やエアコン使用を控えるなど、身近なアクションによる大気中の温室効果ガスを減少させなければなりません。

地球温暖化が加速すれば、地球環境は悪化の一途をたどり、いつしか取り返しのつかない事態になることは明らかです。
「ガイナ」のような断熱材を導入すれば、地球環境の悪化に歯止めをかけ、緑の地球を救えるのではないかと当社は考えます。