省エネ、断熱塗装のプロフェッショナル断熱塗料と断熱塗装ならクラカタ商事へ遮断塗料 遮断塗装

断熱塗料「ガイナ」の比較実験

ホーム > 断熱塗料「ガイナ」の紹介 > 断熱塗料「ガイナ」の比較実験

断熱塗料「ガイナ」と他の断熱材を比較し、ガイナの有用性をご紹介します。

冬季の灯油使用量削減(暖房における省エネ効果の検証)

冬季の灯油使用量削減(暖房における省エネ効果の検証)冬季の灯油使用量削減(暖房における省エネ効果の検証)冬季の灯油使用量削減(暖房における省エネ効果の検証)
灯油使用量

天井が高く、広々とした空間のため、冬季の暖房効率が思わしくなかったこの住宅に、平成16年8月、外壁・内装全面にガイナを塗布してリフォームを実施。
暖房に使用しているストーブの灯油使用量を比較したところ、ガイナ塗布前(平成16年)の7缶に対し、平成17年は3缶、平成18年は4缶に減少。ガイナがもたらす断熱による省エネ効果が立証されました。


夏季日中で70%の省エネ

ガイナの冷房効率を検証するため、室温26度の断熱塗料無塗布の物置とガイナ塗布の物置を用意。それぞれのエアコン稼動効率を比較しました。 その結果、無塗布物置のエアコン稼働率を100%とした場合のガイナの試験結果は下記のとおりです。

夏季日中で70%の省エネ

ガイナ塗布物置

9〜18時 稼働率50%
11〜14時 稼働率30%

ガイナ塗布によるエアコン稼働率の低減が証明され、電気料金削減に寄与することが判明しました。

遮熱効果で温度差29℃

夏になると太陽の熱でベランダの床が焼け、触るとヤケドをするほど熱くなります。 しかし、ガイナの塗布後は床温度が下がり、お子さんが素足でべランダに出られるようになりました。

遮熱効果前と遮熱効果後

ガイナ塗布前と塗布後の住環境の変化

ガイナを施工する前の室温と施工後の室温を比較します。

塗布前は40℃前後であった室温が、塗布後は外気温とほぼ同温度となり、温度計が示す数字以上に快適な空間に変化しました。

ガイナ塗布前と塗布後の住環境の変化

ガイナ塗布、断熱材塗布、無塗布物置内部の温度比較実験

平成17年7月20日〜8月31日の特定期間において、ベランダに設置した物置内部温度の比較試験をおこないました。

1日の温度変化

無塗布(青線)物置と断熱材(緑線)物置の内部温度は約3℃。無塗布物置とガイナ(赤線)塗布物置の温度差は約7℃という測定結果を得ました。日中の物置内温度を比べると、ガイナ塗布物置は断熱材物置に比べて約4℃低いことがわかります。さらに、夕方から朝方にかけて、断熱材物置は蓄熱効果で熱を蓄えるため、内部温度がガイナ塗布物置および無塗布物置に比べ高くなっていることがわかります。

この結果を一般住宅に置き換えると、スタイロフォームなどの高性能とされている断熱材を使用した場合、保温効果を発揮することが考えられます。夏は夜になっても冷房が必要となり、快適な住環境が実現されるとは思えません。

つまり、ガイナは従来の断熱材とは一線を画し、夏に遮熱効果を発揮して涼しく、冬は断熱効果を発揮することで暖かい快適な住環境を作ります。


対象物 (1)無塗布物置
(2)断熱材物置
(3)ガイナ塗布物置
サイズ 高さ1920×幅800×奥行き900mm

断熱塗料「ガイナ」と他の断熱材との比較

  材料名
(特質)
ガイナ
(塗膜厚0.5mm)
グラスウール系 ロックウール系 ウレタン発泡樹脂素材(硬質ウレタンフォーム) 押出発泡ポリスチレン(一種)
物性 1 熱伝導率 kcal/mhc 現在測定中 0.037〜0.042 0.035 0.022 0.023〜0.032
2 密度 kg/m3 1.08(g/cm3 8〜32 30〜70 30〜50 28〜35
3 透湿係数 g/m2h・mm・Hg 現在測定中 非常に大 非常に大 0.06〜004 0.059〜0.028
4 安全使用温度 ℃ 150 300 400 100〜150 70
5 耐薬品性 問題なし 問題なし 問題なし 濃酸、溶剤に弱い 石油類に弱い
6 吸水性 非常に大 非常に大
7 耐久安全性 直射日光に弱い 直射日光に弱い
8 輻射熱断熱効果
9 耐湿気
10 重量・容量
施工性 1 現場加工性 × × × ×
2 工期
3 工法難易度
4 養生 若干要
5 リフォーム難易度
6 保管・工事の安全性 × × × ×
7 運搬性 × × × ×
8 端材の処理 × × × ×
備考 1 環境性 × × × ×
2 用途 広い 限られている 限られている 限られている 限られている
3 防音性
4 漂白性 × × × ×
5 脱臭性 × × × ×
6 結露防止 × × × ×
7 躯体の耐久性アップ × × × ×
8 該当 JIS A-6909 A-9505 A-9504 A-9511 A-9511

ガイナの特性

1.熱伝導率 驚異的な熱伝導性の低さを有する
2.透湿係数 屋内の湿気を逃がすため、カビの発生を防止
3.吸水性 雨水などの防水能力を有する
4.耐久安全性 直射条件下で使用できる
5.輻射熱断熱効果 蓄熱性がない
6.耐湿気 ガイナ以外は保湿性が高い
7.重量・容量 他製品より保管・取り扱いスペースを要しない

施工性

1.現場加工性 驚異的な熱伝導性の低さを有する
2.工期 塗布するだけのため、工機が短い
3.工法難易度 他製品は、塗料以外の建設工事を伴う
4.保管・工事の安全性 火気注意、取扱注意を要しない
5.運搬性 他製品は、濡れないように配慮を要する
6.端材の処理 産業廃棄物処理を要しない

備考

1.環境性 環境汚染染材にならない
2.防音性 1mm厚さ以下でも10dB音が下がる
3.漂白性 光触媒効果の特性を有する
4.脱臭性 光触媒効果の特性を有する
5.結露防止 完全防止に姉妹品の結露防止剤の併用を
6.躯体の耐久性アップ 躯体に熱を伝えないので、熱吸収擦りなどを最小限に抑え、耐久性を保つ
7.該当 JIS

断熱塗料をお求めのお客様へ

クラカタ商事では、ガイナの他にシスタコートなどの断熱塗料を取り扱っております。 商品のみの販売、または、施工までのサービスをご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。